干し柿・あんぽ柿乾燥機&自動機器
兼八産業株式会社

柿名人-KAKIMEIJIN-柿名人-KAKIMEIJIN-

HOME | 柿名人シリーズ(製品情報) | 柿ライナー(柿のれん:縦吊り式)

柿ライナー(柿のれん:縦吊り式)

柿のれん(縦吊り式)

【本体仕様】
①ライナー 143.6x15.4x53.5(mm)
②フック  118.5x14(mm)
③ジョイント70 74x14(mm)
④ジョイント90 94x14(mm)
⑤ジョイント110 114x14(mm)

 
材質:ポリアセタール(POM) 
耐荷重:10Kg 
殺菌方法:次亜塩素酸ナトリウム300倍液,10分浸漬

柿名人シリーズ・製品情報
オリジナル柿ライナー 無料サンプルプレゼント
 
干し柿・あんぽ柿柿ライナーの活躍する場面

干し柿・あんぽ柿 柿ライナーの担う役割

干し柿・あんぽ柿の製造過程で、柿名人の柿ライナー(柿のれん:縦吊り式)が担う役割は…

  • 衛生面の管理と干し柿の品質向上

といえます。
 

干し柿・あんぽ柿の衛生面の管理

干し柿をつくる工程の中で、吊るし(はざかけ)は柿を乾燥させる工程なので、もっとも重要であり、かつ時間のかかる作業です。時間がかかるということはその分干し柿の出来栄えに直結する工程と言えます。

紐で吊るす、一個玉でつるす

ヒモでたくさんの柿を列にして吊るすのが一般的な吊るし(はざかけ)作業ですが、ここで問題になってくるのが、ヒモによる柿への悪影響です。乾燥工程において長時間柿を吊るしておくことになるので、どうしても起こってしまうのがヒモによる柿への食い込みです。
 
食い込みが起きてしまうと、そこからカビが発生したり、柿が傷んでしまったり、中でもヒモによる異物混入などは農家の方にとって一番注意しなければならないことです。これを防ぐために一個玉単位で吊るし作業を行う農家さんもおられますが、柿の量が多くなればなるほど、これでは非効率的で、なおかつ作業時間も数倍かかってしまいます。
 
そこで活躍するのが、柿名人の「柿ライナー(柿のれん:縦吊り式)」です。 

 
柿名人の柿のれん縦吊り式
 
柿名人の柿ライナー(柿のれん:縦吊り式)の特徴は
  • ・柿のサイズに合わせて高さ調節が可能
  • ・柿と吊るし具が接触しない設計
  • ・簡単に取り付け可能で落下しづらい
  • ・セットごとの取り外しが可能
  • ※詳しくは下に記載の使用方法をご覧ください。
と大きくこの4つが挙げられます。  
この特性によって、柿に吊るし具が接触することもなければ柿同士が接触することもありません。ヒモによる異物混入や食い込みによる柿への悪影響が発生しないため、衛生管理に多分に割いていた時間も削減できます。また、風通り・通気性がよく、乾燥も均一に行われるため、乾燥自体が通常よりも早く済み、カビの繁殖の軽減にもつながります。 

商品品質の向上

柿名人の柿ライナーの特性上、衛生面だけではなく、商品としての価値の向上の一助にもなります。 
紐の食い込みがなくなれば、当然それによって発生していた色の変色や、柿の傷みなどもなくなり、商品としての個数が増えます。また、風通しが良い分、水分が均一に抜けやすいので、見た目も綺麗で、味も甘く、且つふっくらとした食感の干し柿にすることが可能です。今までのような、ヒモで吊るす干し柿よりもワンランク上の出来上がりが見込めます。 
見落としがちですが、今まではヒモで吊るす際に「熟練の作業者の方と不慣れな方では作業スピードに大幅な差が出てしまっていたこと。」「その後の乾燥作業の間の柿の落下の個数も、作業者によって差が出てしまっていた。」…なども農家の方の悩みでした。柿名人の柿ライナー(柿のれん:縦吊り式)は誰でも簡単に、素早く、吊るし(はざかけ)の作業をこなせるので、熟練でなくとも出来上がりの品質に差はなく、落下も軽減でき、なおかつ時間短縮にもなります。この点は、実際に導入してみると大きなメリットだと感じる農家の方が大勢おられます。
 

柿名人の柿ライナーの特徴と使用方法

柿ライナーが選ばれる理由
I字枝収穫で翌年も収穫可能


柿名人の柿ライナー(柿のれん:縦吊り式)は枝がT字でなくても、吊るすことが可能です。従来のT字枝での収穫は切断してしまうため、枝が伸びず翌年収穫が不可能でした。柿名人の柿ライナーを使用すれば、収穫する際にI字枝になるよう収穫すれば良いので翌年も収穫可能になります。手もぎ収穫も可能です。
従来のT字枝と新しいI字枝
V字の溝に食い込ませるだけの簡単取り付け


柿ライナー(柿のれん:縦吊り式)は吊るす柿の枝をV時の溝に食い込ませるだけの簡単装着です。作業時間が大幅に短縮でき、さらに誰でも簡単に装着できるので、人を選びません。これだけの簡単装着ですが、落下防止の工夫もされているため、紐で吊るした時よりも落下個数を軽減することが可能です。
差し込むだけ
長さ調節が可能


柿の大きさに合わせて、ジョイント部の長さ調節が可能です。調節幅は大・中・小の3パターン。お客様が生産されている柿の大きさにも合わせることが可能なので、柿同士が接触することもありません。
長さ調節可能
吊るし具と接触しない


左右でバランスをとることで、吊るし具との接触を防ぐ設計になっているので、接触して食い込んだり、接触部からカビたり、痛んだり、変色したりする不安から解放されます。また各パーツと接触することがないので、衛生面も清潔に保つことが可能です。
衛生的
セットごとの取り外しが可能


フックの使用でセット毎の連結、取り外しが可能です。セット毎の重さは連結数によって任意で変えることができます。
連結取り外し自由
お問い合わせは電話・メールフォームからお問い合わせは電話・メールフォームから
製品ラインナップ
柿名人シリーズラインナップ

干し柿・あんぽ柿乾燥機(吊り式・トレー式)干し柿・あんぽ柿乾燥機(吊り式・トレー式)

全自動制御&ステップ運転で手間いらず!カビ、渋残りリスクを大幅軽減できる優れものです。

干し柿・あんぽ柿乾燥機(吊り式・トレー式)干し柿・あんぽ柿乾燥機(吊り式・トレー式)

自動皮むきへた取り機自動皮むきへた取り機

1時間に900個の処理能力がある皮むき機と、短時間・簡単・綺麗なへた取り機の複合機です。

自動皮むきへた取り機自動皮むきへた取り機

柿もみ機(コンテナ式)柿もみ機(コンテナ式)

コンテナを使用する柿もみ機なので、柿もみ、粉出し作業時の労働が大幅に軽減されます。

柿もみ機(コンテナ式)柿もみ機(コンテナ式)

柿ライナー(柿のれん:縦吊り式)柿ライナー(柿のれん:縦吊り式)

軸を引っ掛けるだけで落下も防ぐ柿のれんです。食い込み、型崩れもなく、衛生的です。

柿のれん(縦吊り式)柿のれん(縦吊り式)

遠赤外線干し柿乾燥シート遠赤外線干し柿乾燥シート

渋抜きと粉出しを促進し、遠赤外線の振動エネルギーで干し柿を甘くふっくら仕上げます。

遠赤外線干し柿乾燥シート遠赤外線干し柿乾燥シート

鮮度維持庫(定置式コンテナ)鮮度維持庫(定置式コンテナ)

温度幅0.5℃の自動温度管理で生柿でも1ヶ月は鮮度維持が可能です。干し柿生産を計画的に。

鮮度維持庫(定置式コンテナ)鮮度維持庫(定置式コンテナ)
お客様サポート

導入までの流れ導入までの流れ

干し柿・あんぽ柿乾燥機をはじめ、柿名人シリーズ製品を導入のお客様へ、導入までの流れをご説明いたします。

導入までの流れ導入までの流れ

事前試験とアフターフォロー事前試験とアフターフォロー

ご安心いただくために、お客様が育成した柿を実際に使用しての、事前試験が可能です。また、導入後のフォローも万全です。

事前試験とアフターフォロー事前試験とアフターフォロー

無料出張説明会無料出張説明会

兼八産業ではお客様への無料出張説明会を実施しております。ご希望の方はお問い合わせください。

干し柿プラントコーディネート干し柿プラントコーディネート

兼八産業の培ってきた豊富な経験で、干し柿プラントをご検討中のお客様を全面的にサポートいたします。

干し柿プラントコーディネート干し柿プラントコーディネート